WordPressのURLを変更したい(ドメインの下層ディレクトリにインストールした場合)

レンタルサーバーの初期ドメインでサイトを制作していて、
独自ドメインに変更する場合、
または独自ドメインで構築していて、そのドメインが変更になる場合。

今回は、独自ドメインの下層ディレクトリにWordPressをインストールしたんですが、そのディレクトリ名を変更したいというものでした。

つまり、https://example.net/aaa としていたのを https://example.net/bbb に変更したい、とのこと。

今回はXserverのWordPress簡単インストール機能を使ったので、
新たにbbbディレクトリにインストールし直して、サイトをコピーし、aaaを削除でもOK。

でも手順さえ間違えなければさらっと変更できるだろう!ということでやってみました。

 

管理画面の【設定】からURLを変更する

このURLを2つとも、末尾を/bbbに変更します。

変更して【変更を保存】ボタンをクリックすると、404ページが表示されます。

そりゃそうですね、ディレクトリ名とサイトのURLが変わっちゃったので、、

 

FTPからディレクトリ名を変更する

焦らず、FTPでサーバーに接続し、ディレクトリ名をaaaからbbbに変更します。

FTPクライアントを使用していないかたは、契約しているレンタルサーバーのコントロールパネルから接続できると思います。

そして、https://example.net/bbbにアクセスすれば、もとのようにサイトが閲覧できます!

 

パスを変更する

エディタ内の画像をhtmlでベタ書きしていたり、今回のように下層ディレクトリにWordPressをインストールしていると、下層ページへのアクセスに必ず、/aaa/といった記載があったはずです。

このままだとリンク切れを起こしまくってしまうので、プラグインSearch Regexでまとめて置換します。

過去の記事でも描きましたが、こちらのプラグインはカスタム投稿タイプの記事内は探してくれないので、カスタム投稿タイプを使用している方は、下記の記事も参照していただければと思います。

上が検索対象の文字列、下が置換後の文字列です。

Sourceのプルダウンで、commentsやcontentなど検索範囲を指定でき、

【Search】をクリックすると、検索結果が表示され
【Replace】をクリックすると、置き換えるとどのようになるか、表示されます。

【Replace & Save】をクリックすると、置き換えて保存されます。

間違えると面倒なことになるので、この順番に表示させて確かめてから、Saveするのがおすすめです!

これで画像やサイト内リンクのリンク切れも解消されているはずです!

 

 

いかがでしたでしょうか。
404ページが表示されたりすると気持ちがあせりますが、手順を間違えなければあっさり変更可能です!

手順を間違える、というのは、ディレクトリ名を先に変えてしまうこと。

これをすると、ダッシュボードにアクセスできなくなるので、データベースからサイトのURLを変更しなくてはなりません。

データベースの扱いに慣れてる方だったら問題ないですけどね!

参考になれば嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


top